POST:2018/09/23UPDATE:2019/11/12

「Brainworx bx_opto Pedal」レビュー:早い安いうまいの超簡単コンプ

Brainworx bx_opto Pedal

超簡単

名前の通り、OPTOコンプです。OPTOコンプは緩やかなかかりが特徴で、特にボーカルやギターなどで威力を発揮します。トラックに刺してDensityを上げて、Level Trimで最終的な出力を上げるだけとお手軽なのも良いですね。

一応、ギター用ぽいバイパスボタン(真ん中の銀色のやつ)がありますが、色々なソースに合います。所謂レベラーと呼ばれるコンプはこのぐらいEasyの方が使いやすくていいんじゃないでしょうか。たくさんパラメータがあるコンプもいいですが、エンジニアではない人の場合、簡単にさせてすぐ納得の音が出る方が何倍も効果的です。

ソフトウエアならではのSPEEDノブ

本来、OPTOコンプはフォトレジスタとエンベロープは別回路になっていますが、このプラグインではエンベローブ回路は備わっていないとのこと。これの代わりになるのがSpeedノブとなります。SpeedノブでAttack、Releaseをコントロールする設計らしく、このノブで音の輪郭を決めていきます。

逆に言うと、上位版のbx_optoは、エンベローブ回路をエミュレートしていますので、厳密なOptoぽさを得るためには上位版の検討を考えてください。

上位版に引けを取らないクオリティ

先ほども言いましたが、本来のコンプ機能すべてが欲しいのであれば、上位版のbx_optoをおすすめします。しかし、よほど細かいエンジニアリングをしないのであれば、こちらのバージョンでも十分だと感じました。

特に、ギターなんかの迫力を増す目的でコンプを使う場合は、こちらの方がクリエイティブな発想のまま、迷いがなくインサートできますので、演奏に集中できるでしょう。

価格も安く、手に入れやすいので是非一度デモを試してみてください。まさに、安いうまい早いのプラグインです。

商品情報

商品名:
メーカー商品ページ:
メーカー:
メーカーURL:
対応フォーマット:
対応OS:
タグ:

関連YOUTUBE

同メーカーのその他アイテム